ハイエースのセキュリティ その2

michelin
<やっぱりワイドボディはカッコいいですねー>
ハイエースのセキュリティ装着が得意な専門店に行ってきました。
「これからハイエースを買う予定なのですが、どうすればよいですか?」とかなりアバウトな感じだったのですが、とてもわかりやすく丁寧に説明をしてくださいました。

①「もう車両買っちゃいました?」からスタート
「まだです」と答えると。「新車ですか?中古ですか?」と尋ねられ、「新車です」と回答。ハイエースにはⅢ型後期のS-GLとⅣ型から全グレードにイモビライザーが採用されました。
新車(Ⅳ型)の場合、イモビライザーが装着されていることを含めて事に及ぶ必要があるのだけ手を出されにくいとのことでした。
盗る→切り刻む→輸出する場合の盗難だとグレードや程度は関係ないらしく開錠→直結で簡単にエンジンが始動できるⅠ型・Ⅱ型・Ⅲ型前期とⅢ型DXが狙われているとの事でした。

②次に、「S-GLですか?」→「DXにするつもりです」
盗難後、車両の登録情報を改ざんして市場に再還流する車両は少なくないそうです。(知らなかった・・・衝撃!)
S-GLは車両が高額でカスタムパーツを多数組んでいる事が多いためかリスクよりも上記のメリットが上回る?ようで、Ⅳ型であっても十分狙われるらしい。
また、標準ボディのS-GLは海外ではレアらしく、やはりⅣ型を含めて狙われ易いとの事でした。
私は、Ⅳ型の素地パンパーDXのライトイエローにしようと思っている旨を伝えると、
「世代とグレードとカラー的には狙われにくい組み合わせですね」との事でした。
ただしこれは相対的な話であって、「セキュリティが要らない」ということではありません。

③「エンジンはあんまり関係ないんですよね」らしいです。
ディーゼルよりガソリンのほうが狙われないとか、ATよりMTの方が・・・というような通説もあるみたいですが、「たぶん関係ないと思います」っておっしゃってました。
国内ではMTの台数が少ないことやガソリンは純粋なビジネスカーが多い事などが結果的に差が出ているのではないか?って事でした。

まー「ハイエースがものすごく盗まれやすい」という事は揺ぎ無いって事ですね。

で、このお店の社外セキュリティのおススメの組み合わせが約40万円。
便利オプション等を組み合わせると50万円+α。

安いのか?高いのか?はちょっと判断がつきません(笑)

その後、ショップのデモ車を見せてもらったんですが、予想より全然凄かった!!
これはヤバかったwwww←凄いという意味で!
セキュリティがオンの状態で車体を「コン!コン!」と軽く叩くと警報が鳴ります。
しかし、車体全体をゆっくり大きく揺さぶる分にはウンともスンとも言わない。
おぉぉー!
そして、車両のギリギリををスーッと通り過ぎるだけでは無反応なのですが、立ち止まってちょっと中を覗き込もうとした瞬間に警報がなります。
なんじゃ!こりゃー!!
最初は軽く警報音が鳴るんですが、叩くタイミングや覗き込んだ瞬間にピタッとあってるのがナイト2000風で薄気味悪い(笑)
当然、ドアとリアゲート・ボンネット等は開けた瞬間、派手に発報します。
加えてイモビカッターを無効にする装置を装着していますということでした。

純粋に「これすげーな!マジで!!」と思いました

と、一通りお話してくれたのですが、
おススメプランは社外セキュリティではなく、
①トヨタの純正のセルフサイレンタイプアラーム装着
②イモビカッターガード装着
③ショップオリジナル対策1
④ショップオリジナル対策2

①は「ディーラーで装着してもらってください」とのこと。入庫後に弱点となる部分を改良するとの事でした。
②がポイントのようで、Ⅳ型はやっておけば「開錠→自走」型の盗難を効果的に回避できるとの事。装着や配線構成などは工夫をするみたいです。
③と④に関しては、コロンブスの卵的な発想に思わず笑ってしまいました。この施工、すげー気に入りました!!wwww

自走型盗難と稚拙な車上荒らしは回避できるでしょうとの事でした。

ただし、ガラス割りやドアこじ開け等で、侵入されるまでの過程では反応しないので車体を壊されてしまうことが弱点らしい。ジャッキアップもされちゃいます。
そして、レッカーやキャリアカー型の盗難にはまったく無防備。

万全を期すのであれば社外セキュリティということになるのですが、ショップの方曰く「バランスが大事」とのこと。
・オーディオ等、高額なカスタムを施していたり特殊な装備が架装されている
・工作機械や資材等、代替が利かなかったり仕事ができなくなる等の二次被害のリスクがある
とかの場合は、最初からガチガチのセキュリティシステムを薦めているようです。

空荷で乗用車的な使い方であるならば、万が一のときは車両保険という部分も含めてライトに使える方が「諸所ストレスにならないでしょう」ということでした。

とても勉強になりました。
alam

<おまけ>
車である以上は盗難のリスクは必ずある。
特にハイエースはハイエースというリスクが存在する以上、「盗られる」事を前提とする。
そして、セキュリティは「盗られない」ではなく「盗ろうと思わせない」という部分が基軸であるというショップ様のコンセプトに好感を持ちました。

<おまけ2>
新車ハイエースに対して車両保険も含めてセキュリティと考える場合、「忽然と姿を消して2度と出てこない」という部分は保険に依存して、「中途半端に車体を壊された」とか「盗まれたけど数日後放置で発見」というパターンの回避が大事でしょう。とおっしゃってました。
ハイエースの場合、ランニングコストが嵩むせいか車両保険に入らない方もたくさんいらっしゃるようです。
ですが、お店の方も国際的なプロ窃盗グループの仕事をセキュリティデバイスがどれだけ高度になっても受身で予防するのは無理だと思うので、「最終的には車両保険だと思いますよ」との事でした。(ハイ、私もそう思います)

グレードと仕様を決める

hiacevan
備忘録的にある程度情報確認が出来たので、現実的なラインでグレードと仕様を選定して行きたいと思います。

迫力あるスタイリングと室内の広さが魅力のワイドボディは、やっぱり2105mmという車高がネック。
日々パーキングの入庫可能サイズをチェックしてるんですが、ほとんど入庫不可。残念ですが諦める事にします。

当初の予定通り、DXのガソリン(2000cc)5ドア・2WD・5MTにする事にしました。
カラーはライトイエロー(599)
最下位グレードですねwww
ディーラーの方は「下取り的には6ATの方が・・・」とおっしゃってましたが、サクッと割り切ったネタ車なので、そこだけリセールを意識する意味はないかなー。今となってはルートバンの方がむしろ魅力的です(笑)

オプションは・・・
ー メーカーオプション一覧 ー
・オーディオレス(カバーレス) -¥10,800
・LEDヘッドランプ(ロービーム)[オートレベリング機能付] ¥64,800
・195/80R15 107/105L LT (15×6J アルミホイール) ¥64,800
・アウターミラー 電動格納式リモコンドアミラー(助手席側ワイドビュー) ヒーター付 ¥27,000
・バックドアガラス プライバシー ¥16,200
・アクセサリーコンセント(AC100V・100W)インストルメントパネル部 ¥9,720
・リヤフォグランプ(右側のみ) ¥10,800
・バックモニター内蔵自動防眩インナーミラー ¥36,720
・SRSエアバッグ+プリテンショナー&フォースリミッター機構付シートベルト 助手席 ¥16,200
・リヤヒーター(暖房) ¥27,000
・リヤクーラー(冷房) ¥59,400
小計 ¥321,840

ー 販売店装着オプション一覧 ー
取付工賃は含まれておりません
マッドガード ¥9,720
リヤアシストグリップ(LH用) ¥7,128
コーナーセンサー(リヤ左右)(バン用) ¥30,240
フォグランプ(ビルトインタイプ) ¥23,544
コーナーセンサー(フロント左右) ¥30,240
小計 ¥100,872
付けられるモノは全部付けてる感じですが、無駄なものは無さそうです。

さー後はどこで登録するかと、何月に登録するかだなー
納期もどのくらいになるのか確認してみないとイケないし。

<オマケ>
任意保険の話も同時進行しています。
聞けば聞くほど、盗難や車上荒しの被害が多い車種という話しか出てこない。
自宅敷地内に駐車していてもサクッと無くなるケースも珍しく無いとか言われると恐ろしいっていうか面白すぎる。
車両保険は盗られる事を前提に加入するようなもので、
「S-GLだと大丈夫」とか「S-GLだと危ない」という規則性もなく、グレードやエンジン、装備区別無く消えてしまう模様。
こうなるとマイルドヤンキー的なノリで、ワイドボディでローダウンは3インチ以上、カーボンのフルエアロにホイールは鍛造マグネシウムのワンオフ20インチ、サウンドショップのデモカーバリのハイエンドナビ+オーディオ等々、車両価格の2倍くらいはカスタムに注ぎ込む!という気には全然ならない。
ユーロビート全開+後部座席の4連フリップダウンモニターにディズニーアニメを垂れ流し、イオンとかに遊びに行ったらついでにサクッと盗まれます。とか想像するだけで萎える(笑)
必要最低限のグレードと装備に留めたDXにフルカバーの車両保険に加入し、盗られたら「新車になってうれしい」「さー今度は何色にしようかなー?」「盗った人有り難う御座います。心から感謝します」ぐらいのテンションじゃないと乗り切れない気がしてきました。
凄い車だなーwww

 

ハイエース ルートバン

rootvan
いままでトヨタどころか国産ブランドの車を買ったことが無かったので目に入らなかったのですが、意外なところでトヨタの販売店を発見。
こんなところにもあるんですね。
乗り始めたら整備や点検なんかはココの方が便利かも?と思い、冷やかし半分で寄ってみることに・・・。
地域的にハイエースはあまり関係ないのかと思ったら、そんなことは全然無くて、毎日のように納めているそうです。(アルファードかクラウンかハイエースか的な)
S-GLでは無くDXのマニュアルにするつもりだと伝えると、「いまルートバンが納車前整備で入庫してるんですよ。見てみますか?」とおっしゃる。
DXでもルートバンはさらに内装が簡素化されているとのこと。
画像だとこんな感じでしたが、実車は塗装面が広いので地味に格好良い。
「なか見たことないですよね・・・」
と、ゲートオープン。
ホントに何にも付いてない。
本来サイドガラスがはめ込まれている部分がすべてパネルに置き換わっているので、天井までスッキリで空間が広い。
ホントにギリまで使える(笑)
なんとなく雰囲気で察したのか、「カートやっている方なんかは立てかけられるので選ぶ人多いですよ」との事。なるほどって感じです。(カートはやってませんけどね)
物理的に外から見えないことで、車内って言うか室内な雰囲気を醸し出しています。予想外に良いなー。
ガラスが付いていても透過率1%のフィルム2〜3枚貼りしてしまうので、むしろ無くてもいいのでは?と思ってきます。

なんか格好良く見えてきたぞ!(笑)

しかし・・・
「ルートバンにするとリヤクーラー付けられないんですよ・・・」とのこと。
あらーそうなんですか。(リヤヒーターは付けられる)
そもそも遮蔽空間に人が乗ってはいけないようなので、空調は不要という事らしい。
運転席と荷室を区分するセパレーターっていうビニールシートを装着しないと夏はキツいとの事でした。

ハイエースの最下位グレードって事でちょっとときめいたんですけどね・・・
勉強になりました。有り難う御座いました。
それにしてもハイエース、地味に深いなー(笑)

ハイエースのオプション

wdxlyDXなのか?S-GLなのか?
ちゃんと決めてはいませんが、現状DXのつもりでいます。
(DXの場合はMTなのかATなのかも考えないといけない)
トヨタサイトの見積もりシュミレーションでオプションパーツの設定を確認。
DXになると選択できないオプションも多数存在しますが、その中で必要なモノを選定しました。

−メーカーオプション一覧−
・オーディオレス(カバーレス)
ナビゲーションシステムは不要。メーカーオプションの純正オーディオでも良い気がしていますが、レスオプションが設定されているので選択。

・LEDヘッドランプ(ロービーム)[オートレベリング機能付]

Ⅳ型の意匠の1つがこのヘッドライト。ダサい商用グレードでもライトはLEDで明るい方が良いので選択

・195/80R15 107/105L LT (15×6J アルミホイール)
バンの場合JWL-Tの刻印があるホイールと荷重指数が大きいLTタイヤを装着していないと車検に通りません。社外ホイールの方が選択肢も多いのですが、もうオジサンですし外見はフルノーマルで乗りたいので選択

・アウターミラー 電動格納式リモコンドアミラー(助手席側ワイドビュー) ヒーター付

寒冷地仕様で選択可能になります。デザイン的には電動格納式で無い普通のミラーがダサくて格好いいのですが、利便性を優先して電動格納式を選択。ヒーターもあれば便利。

・バックドアガラス プライバシー
通常のグリーンガラスだと透過率75%。プラバシーガラスは濃色グレーで透過率24%。紫外線カット率も高くなります。メーカーオプションなので選択。

・アクセサリーコンセント(AC100V・100W)インストルメントパネル部

使い道は思いつきませんが、装着しておけばなにかに使えそうなので選択

・SRSエアバッグ+プリテンショナー&フォースリミッター機構付シートベルト 助手席

商用車らしくオプション設定。ほぼ1人乗りですが、装着することのデメリットは何も無いので選択

・バックモニター内蔵自動防眩インナーミラー

見にくい&老眼だとピントが合わないと評判のミラー内蔵ディスプレイですが、装着することでリヤゲートのミラーが無くなるので選択

・リヤフォグランプ(右側のみ)

寒冷地仕様にすることで選択可能になる。特に必要性は感じませんが、役に立つシチュエーションもあると思われるので選択

・リヤクーラー(冷房)

・リヤヒーター(暖房)
空調能力は高い方が良いので選択
まー乗用的に使うので絶対に装着です。

−販売店装着オプション一覧−
・マッドガード
無塗装の素地な泥よけなので選択

・リヤアシストグリップ(LH用)

DXにはパワースライドやイージークロージャの設定が無いので、開閉時に装着されている方が使いやすいかもしれないので選択

・オートアラームセット(セルフパワーサイレン付)

形式的でも装着しておいた方が良いという事なので選択

・コーナーセンサー(リヤ左右)(バン用)

・コーナーセンサー(フロント左右)
設定がある場合には必ず装着しているので使う・使わないは別に選択
キャブオーバーなので、フロントは不要かもしれませんね。

オーディオはシンプルなモノを装着したいですし、ETCも純正ビルトインスペースでは無くて自分で設置したい。
マットやカバー類もDIY的に整えて行く予定なのでディーラーでの購入リストには含めませんでした。
ハイエースの場合、S-GLでもDXでも装着できるものは全部付ける的な構成なので迷うオプションはありませんでした。

ハイエースのセキュリティ その1

sgl-flont
<Ⅳ型です>
ネットの検索でハイエースと入力すると、「盗難」とか「セキュリティ」とかのキーワードが組み合わせ表示されます。

ハイエースの盗難率が高いのはニュース等の報道でも周知しています。

ネットで拝見すると、純正セキュリティに社外セキュリティ、ハンドルロックやタイヤロック等、電気的にも物理的にも何重にも備えているユーザーさんが多い。
しかし、周囲のハイエース乗りの方で「社外セキュリティは必須だよ」とアドバイスしてくれた思った以上に少数でした。
特に、車・モト業界の方々は「盗られる時は何をしても盗られる」と悟りを開いている人がほとんどで、「買い直せないものは車内に留置しない」というような基本中の基本に話が終始し、セキュリティの話まで到達しない(笑)
そもそも論的なモノとしては「キャラバンにすれば絶対に盗られない」っていう意見をいろんな方がおっしゃってましたwww
そして、「ハイエースを追加します」と30年近いお付き合いの保険屋に伝えると、「ハイエース以外を買うこと」を強く薦められました(笑)
市場にこんなに車がたくさんあるのに、「なぜあえて選ぶのか?」とダメだしされました。

うーん・・・言いたい放題ですね。

ちゃんとした専門店で社外セキュリティを装着してもらうとおおよそ30〜50万円。100%盗られないというのであれば有用かもしれませんが、絶対ではないので悩むところです。
ここまでコストをかけるのであればココセコム等の導入も選択肢に入ってきます。
恐ろしいご意見を下さった保険屋さんですが、現実的には純正セキュリティを(形式的に)装着して、フルカバーの車両保険で担保しておく以上の行為はあまり意味が無いのでは?との見解。

年間で盗難される車両の約10%がハイエースってのがイマイチピンと来ない(笑)1台も盗まれないという車種もたくさんある中での10%という数字は異常らしい。
年間5万台売れて10年で50万台。半分の25万台が道路を走っているとして1年間で盗難される確率は0.49%。
コスト/ロス モデルとして考えると200回出かけたら1回盗られるリスクがあるってこと?

やっぱりちゃんと考えてみないとイケない気がしますねー

ハイエース DXと寒冷地仕様

いざハイエースと言い始めると、予想以上に詳しい人がたくさんいらっしゃってどんどんアドバイスしてくれます。
で、DXを選択する場合は「赤道直下に住んでいようが必ず寒冷地仕様を選択しなければならない!!」と教えて頂きました。
参考リンク:寒冷地仕様の装備について

1TR-FE(2000ccガソリン)の場合こんな感じ。
寒冷地仕様
モノトーンのソリッドカラーを選択する場合には、寒冷地仕様を選択することで2コートとなります。1コートは色落ちがハンパないらしいです。
数万円のオプションで塗装のグレードが上がるのであれば選択しておいて損はしないですよね。
ヒーター付きミラーやリヤフォグが選択可能になることや、フロントヒーターPTCや大容量スターターが装着されます。
他にも防塵処理や高濃度LLCへの変更スライドドアのロアスカッフやリヤドアのモールディング等も設定されていますが、実際に寒冷地には行かないので、この辺りの装備の恩恵を受けることは無いかなと思われます。

<おまけ>
納期やその他諸事情により、寒冷地仕様での受注に消極的なディーラーもあるようです。話が噛み合わない時はサクッと異なる系列の販売店に行きましょうって事でした。標準DX乗りな皆様のお話だと、「3年持てば良い方でしょ!」っていうのが普通みたいなので、寒冷地仕様は絶対に外せない事が判明しました。
DX乗りの方が、シルバーマイカメタリックを推すのはこの辺りの事情もあるのかもしれませんね。

ハイエースのDXグレード

スーパーGLの一択と思っていましたが、同じ使い方をしているハイエース乗りの方々の全員から「使い方的を考えるとS-GLじゃなくてDX方が良いと思うよ」とアドバイスをいただきました。
dx
「ただし・・・・」とDXのいまいちなところも教えてくれました。
①外装がショボイ
無塗装の素地バンパーとドアハンドル&ミラー
いわゆる黒バンパーってやつですね。
(GLパッケージを選択すると同色バンパーになります)
個人的には無塗装が好みなのでこれは問題なし
ほかにもメッキグリルじゃない等、差別化が計られていますが外装に関してはDXの標準状態がダサくてカッコいいかなーと思います。
あとは寒冷地仕様にしないと、色落ちがハンパ無いらしいです。
(それでもS-GLと比べ、塗装がヘボいとおっしゃってました)

②内装もショボイ
dxinter
ボディパネル剥き出しの上、使えば使うほど劣化が目立つダンボールチックなトリムボード、敷いてないほうが良いのでは?と思うくらいダメなフロアのオレフィンマット等、DXを乗用目的で使うことができない最大要因がこの内装のようです。
一方で荷室全体をギリギリまで使うことができるため積載性は高く、特にS-GLのスライドドア部分のトリムは嵩張るようで、私が予定している使い方だと「DXでは収まるがS-GLでは収まらない」というケースになってしまうみたいです。
遮音や断熱も全然ダメで、「うるさい・暑い・寒い」と雨の日は発狂しそうになる(笑)というアドバイスも頂きました。
しかし、S-GLも似たようなものらしいのでDXだけがダメって事では模様。

③シートがクソ
seatdx
すわり心地は最悪。
腰痛や肩こりの無い人でもDXに乗り始めると必ず症状が出ると嘯く方もいました(笑)
ジャージ素材はチープ感バリバリの上、ケバ立ち・汚れ・破れ等、とにかく全然ダメらしい。
フロントシートに関しては、S-GL純正もしくは社外に交換するほうが良さそうです。
(エンジンフード・センターコンソール・運転席・助手席・フロアカーペットの5点セット)
リヤシートもとりあえず付いてます的なベンチシートで、チョイ乗りでも座りたくないとおっしゃる方が多い。3型まではシートベルトさえも付いていなかった(オプション)ようで、全員がボロカスにこき下ろします。
dxinter
ただし、コンパクトなので、後部座席を日常的に使用しないのであれば荷室スペースは有効に使えるようです。sgl-inter
S-GLはたたんでもこんな感じ。
内装とこのリヤシートの嵩張りが「S-GLは積めない」という差になるようです。
ほとんど1人乗りで後ろに人を乗せるっていうシチュエーションはほとんどないので、リヤシートはDXの方が便利そうです。

その他、細々と装備が付いていないor付けられないみたいですが、キーオフでミラーが倒れないとか、車速感応でドアロックされない事が絶対許せない!という人以外は大体許容できるとの事でした。
個人的にはフロントシートを交換すればオッケーっぽいかな?

ハイエースのボディカラー

hiace
<220>スパークリングブラックパールクリスタルシャイン
<070>ホワイトパールクリスタルシャイン
ハイエースはビジネスカーにカテゴリされていますが、ボディカラーは乗用車と同等のラインナップ構成で選択肢は広くなっています。
それっぽく乗られているであろうハイエースで多い印象があるのが、
<070>ホワイトパールクリスタルシャイン
<209>ブラックマイカ
Ⅳ型からはダークプライムに設定されている
<220>スパークリングブラックパールクリスタルシャイン
もよく見かけます。

私自身もS-GLであれば
<070>ホワイトパールクリスタルシャイン
が無難かなーと思います。
ホントは黒がカッコいいんだけど、コンディション維持が大変なのでパスですかね。

ハイエースを乗り継いでいるみなさんが強く薦めてくれるのが、1E7
<1E7>シルバーマイカメタリック
です。ボディラインがくっきり出て迫力があってカッコいいらしいです。
ホイールやエアロパーツを選ばないっていうのもメリットみたいです。
そして維持管理がダントツにラクらしい。ま、シルバーですからね。

ハイエースの実車を見て「よいなー」と思ったのが、1G3
<1G3>グレーメタリック
ショールームのなかというよりは、屋外での佇まいがシックでした。
S-GLを選択するのであればアリかなーと考えています。
8P4
<8P4>ダークブルーマイカメタリック
地味ですが、案外飽きがこなそうな気がしています。
ただし、ダークプライムには設定がありません。

グレ-メタリック
<1G3>グレーメタリック
白・黒以外のチョイスも全然アリですねー

さて、S-GLではなくDXまで選択肢に考えると・・・
599
<599>ライトイエロー
素のDXグレードのみに設定されています。
個人的にはこのカラーが一番気に入っています。バンパーも無塗装の素地で、可愛いです。欧州車風。
洗車用のスポンジが黄色くなるとか、1年で艶消しになるというソリッドの白以上に劣化し易いというおそろしい噂もあったりしますが・・・
(周囲に乗っている方がいないので真相の確認はできず。
ディーラーの方も「一度も納めたことないからわかりません」って笑ってました。←否定はしなかった・・・)

DXをパーソナルカー的に使う際の大きなデメリットとして、
「内装が無い」
というのが挙げられます。
sgl-inter
S-GLのインテリアはこんな感じで、天井からフロアまでしっかりトリミングされていて、社内からボディパネルは見えません。
dxinter
DXのインテリアはボディパネル剥き出しで、ビジネスカー然としたインテリアパネルが装着されているだけです。サイトでの取り扱いでもかなり控えめで、画像がかなり小さい(笑)
しかし、車内もボディカラーと同色のライトイエローになるという見方もできるので、個人的には面白いなーと思っています。hiacevan
<599>ライトイエロー
S-GLにしないなら<599>ライトイエローが第一候補ですね。

ハイエースのグレードと価格

ハイエースに関しての話題は検索すると先人の皆様達が相当量の情報を発信してくれています。
モデルライフが長いってのもあるとは思うのですが、メインテナンスにせよカスタムにせよ解決出来ない事は無いんじゃ無いでしょうかね?
日々ブックマークの量が増えて行きます。みなさん凄いなー!

で、今回のタイトルはグレードと価格です。
スクリーンショット 2017-03-02 15.31.14
トヨタサイトの見積もりシュミレーションを利用して自身で購入対象となりそうなグレードの価格をリストしてみました。
オプション等はグレードなりに装着したいものを選択しています。

大分差がありますねー(笑)

最も高いのは標準ボディ「S-GL・4WD・4AT・3000ディーゼル」
最も安いのは標準ボディ「DX・2WD・5MT・2000ガソリン」
価格差は1,773,126円(約1.67倍)となかなかのものです。

グレード選定な話題をネットで拝見すると、
「後で後悔しないようにS-GLにしました。」
「DXガソリンにしましたが、すぐにディーゼルのS-GLに買い換えました」
「1台目はガソリンでしたが、2台目はディーゼルにしました。良かったです」
的なコメントが目立ちます。
そうなのかー。
270万円が450万円になるわけですが、それを埋めるだけの価値があるという事になります。

大ざっぱには
ディーゼルにすると約60万円
4WDにすると約40万円
S-GLにすると約65〜70万円
価格が上がっていきます。
全部足すと約170万円也。

自分の使用形態を想定してみると・・・
①4WDは不要
都心(都内ではない)での走行が殆どで、悪路や降雪路を走る可能性はほぼゼロ
高速道路等での中〜長距離移動も頻回で無いため4WDが有効に使える局面はなさそうです。2WD→4WDへの価格差は約40万円(ワゴンは33万円)
費用対効果は低いと思われます。

②ディーゼルは必要か?
乗ってみると3000ccディーゼルはパワフルな印象がありますが、だからといって2000ccのガソリンエンジンも全然普通に走ります。
個人的には低・中回転までしか回らないディーゼルよりも高回転までスーッと回っていくガソリンエンジンの方が、乗用的車的で好印象です。(現時点では)
一方で、大は小を兼ねると考えるとディーゼルが無難かなーとも思うのですが、ガソリン→ディーゼルへの価格差は約60万円。決して安くはありません。

エンジンは悩みどころですが、駆動方式は2WDでよいかなと。

③外装はDXが好み
DXではGLパッケージを選択する人が多いと伺いました。
個人的には無塗装の素地バンパーが格好良く見えています。ボディ同色バンパーやミラー等はむしろ欲しくないの(笑)
S-GLを選択してもバンパーだけは素地のものに交換したいと思っています。

④内装を考えるとS-GLが無難か?
バンの場合、同一エンジン・駆動方式でDX→S-GLへの価格差が65〜70万円となります。パワースライドドアやスマートキー等、S-GLだけのオプションを選択しているという事もありますが、価格差はかなりありますねー。
基幹装備としては
・内装フルトリム
・乗用車的なシート
が大きいですかね。
そして上記したパワースライドやスマートキー、オートエアコンやイージークロジャー等も実際に乗り始めると違いを感じそうですし、コンライトが無いというような細々したところもストレスになる気もします。
実際どの程度影響を及ぼすのかは計れませんが、内装の充実は大事な要素です。

という感じで結論の出ない堂々巡りが続きますが、

・DXの2WDガソリン(最安グレード)
か、内装とシートを目的に
・S-GLの2WDガソリン
のどっちかベターチョイスですかねー。
地味にワゴンDX・ワゴンGLも捨てがたいですけどね。

<おまけ>
カタログを見れば見るほど、
S-GLの4WD・3000ディーゼルは欲しくなくなりました(笑)
ホントに必要な人に取っては良いグレードですが、「とりあえず解んないから選んどけ!」っていうモノではない気がしてきました。
まーそもそも論としては、ハイエース自体が大して高い車では無いので乗用目的のユーザーは最上位グレード一択なのかもしれません。

<おまけ2>
経験上、安いベースグレードに装備を付加した車種はロスが大きいという印象があります。ハイエースはちがうのかもしれませんが、上限が450万程度なのに同一プラットフォームで下限と200万近くの価格差があるのはなかなか微妙です。
償却時、エンジンや駆動方式、DXとS-GLの価格差がどのくらい確保されるのでしょうかね?
消費財全般に言える事ですが、特に車に関してはハイチャージなランニングコストも課せられますので、車体価格の多寡ではなく経時的ロスが少ないグレードを選択したいところです。

ハイエースワゴン

wgl
ハイエースには貨物車としてのバン以外に、コミュータとしてのワゴンがラインナップされています。
前ポストで、
—————————————
ワイドボディの2WDで2700ccガソリン・5MTのライトイエローのS-GL
—————————————
という組み合わせ不可な設定を欲しがりました。

ワゴンのカタログページを参照してみると・・・
DXグレードにライトイエローの設定があることに気がつきました。
ワイドボディ・2WD・2700ccガソリン・6AT・ライトイエロー
と、なかなか理想型に近い構成になります。
ただし、wglrearseat2
<GL>←2・2・4の8人掛け
wdx-seat
<DX>←2・3・3の8人掛け
と、座席が固定されてしまっていますので、バイクやモトのトランスポータとしては使いにくいです。
ワゴンに乗っている方に伺うと、「そんなのイス取っちゃえばいいじゃないですか」とシンプルアンサー。
ま、それは解っているのですが、もう大人なので出来れば合法的に使いたいと思っているんですけどね(笑)
wglrearseat
GLに関しては4列目が跳ね上げ式になっているのでそれなりに積めそうです。

hiacewagonseat
ワゴンのオフとかで出会う方々でノーマルっぽく使っている人は「こんな感じで、イス外しちゃってるよ」との事。
確かにこうしておけばそれなりに積載できます。
しかし、指摘される事はなかなか無いでしょうけども、インチキで乗り続けるのはちょっと頂けないところです。

しかし、ワイドボディの選択肢としてワゴンもアリという事を確認できました。

<おまけ>
イス取っちゃって車検証の記載定員を割り込んでいる場合はどうなるのでしょうかね?
”道路交通法”には該当しそうな項目が見あたらない。整備不良や安全運転義務違反ではしっくりこない。
”道路運送車両法”には抵触しそうですが、修理中で外しています的なエクスキューズは通りそうだし、略式で処理できないので現実的にはオッケーになっちゃいそうですね。